大きく下がって落ち着いてきた今からスワップポイント狙いの仕込み時かな

ギリシャ問題、中国の株価下落で大きくドタバタしてましたがここしばらくはドル円は、119円から121円の間を行ったり来たりという感じになりましたね。
私はランド円を触って9.5円台で買い、9円を割ったところで一度売り、さらに8.5円あたりになったところで再度買いで入りました。
結果傷は浅めで済んだといったところでしょうか。

日経の方も落ち着いた雰囲気ですし、年末まではドルの利上げは見送りが濃厚ということで次に注目されるのは、日銀の追加緩和ですかね。
追加緩和がきたら円がさらに安くなるのだとは思うのですが、どこまで行くのかが全然見えてこないですよね。
今でも十分円安の水準なのですが、ドルが強い状態でさらにドルが利上げした場合どこまで円安になるんでしょうね。

ドルが強いことで影響を受けてる通貨と言えば私が、傷を受けたランドや、ニュージーランド、オーストラリアの通過ですよね。
ドルの利上げがあればそろそろ大きく買うってのもありかなーなんて思ってるんですね。
FXでのスワップポイントが高いこれらの通貨を仕込み始めるのにはいい機会かなと、あくまでレバリッジは2倍以下に抑えて勝負したい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です