個人のトレードスタイル

為替取引をしている方はさまざまな手法で取引をしています。
中でもメジャーなのがデイトレーダーです。
デイトレーダーは長期にわたりポジションを持つのではなく、基本的にはその日のうちに決済をします。

デイトレーダーの良いところは1日ある訳ですから、1分足や5分足といった短い時間軸に左右されず焦らずにエントリーポイントが探せたり、また長期間ポジションを保有しませんので、損失がでてしまっても比較的軽傷ですみます。

また、1分足や5分足を軸にした、トレードスタイルはスキャルピングとよばれ、このスタイルは数秒から数分で決済するようになりますので、チャートを見てすばやい判断力と決断力が必要になります。
ですのでスキャルピングはどちらかというと高等テクニックになります。

逆にスイングというトレードスタイルは長くポジションを保有するスタイルになり、こちらはスワップポイントとよばれる金利差を狙って利益を得たりしますが、長期間ポジションを持つこといなりますので、有事の際の値動きには十分注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です