米ドル円有利な動き

FXでお金を稼ぐにはまず口座が必要となります。
FX口座と呼ばれることも多く、多数の業者が現在では参戦しています。
口座で稼ぎが変わることはとても多いので気を付けましょう。
ちなみに円高、円安問わず、期待値の高い行動を取ることが取り引きにおいては重要となります。
瞬間的な勝ちよりも、長い目で勝てるかどうかを考えましょう。

最近では口座を提供している海外業者が便利なツールを用意していることもあります。
デモトレードなどが良い例で、架空の通貨を使って取り引きすることができます。
リスクはなく、その上でFXの流れを知ることができます。
初心者はまず勝ち方から覚える必要があるので、そういった海外FX業者のツールを上手く活用するとよいですよ。

またFX用のアプリなども多数あり、スマートフォンでの取り引きをしたい時に便利です。
他にも短期間で結果を求めているなら、デイトレードがオススメです。
デイトレードは即時収入を得たい時に便利で、結果が後に続かないのがメリットです。

私はFXの取引を始めて3年程になります。
最初の頃はスキャルピングをしていたので、1日に何度も取引をしていました。
利益を出せる日もあれば損失が大きくなってしまう日もあり、精神的にとても疲れてしまいました。
本業の仕事中もFXの事が頭にあり、落ち着いて仕事をする事が出来ませんでした。

スキャルピングでの取引を続けているといつもチャートが気になってしまい、日常生活にも支障が出てしまうので、他の取引方法を考えるようになりました。
スワップポイントの高い通貨を長期的に持ち、スワップポイントと差益の両方がとれるようになれば精神的にも落ち着いて取引が出来るようになると考えました。

今はランド円の通貨を長期的に持っています。
1か月のスワップポイントは4000円程ですが、ほとんど何もしないで得る事が出来るのでとても良い方法だと思っています。
また、ある程度差益が出た時はタイミングを逃さず決済するようにもしています。
今後もこの方法を続けて行く予定ですが、ロスカットにならないように資金管理には十分気をつけようと思っています。

眠たい金曜日でしたが、アメリカの雇用統計が控えていたので頑張って発表を聞きました。
良い結果のおかげで米ドル円は123円まで回復しました。人民元切り下げで世界経済が不安視されたとき、116円まで下がりました。
それから戻しても120円までが精一杯の状態でした。今年はずっとそんな感じになるんだと思っていたので、びっくりです。

そんなことなら米ドル円を買っておくべきでした。
123円まで戻ったということはほとんど回復したということです。
そして、再び利上げ観測が高まって、今年の高値を超える準備をしているように見えます。
米ドル円はいいけど、私が持っている豪ドル円がまた下がってしまいました。

1時間足で見たらレンジの下限で、日足は徐々に上値が切り下がって重そうなチャートです。
88円まで回復したときは90円行くかと思ったのに、今は86円後半でそんな希望もどこかへ行ってしまいました。
思い切って売りたいチャートだけど、粘っているようにも見えるので、そのままにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です